現在、國立天文臺のすばる望遠鏡などを用いた大規模天體サーベイ観測が進められていますが、観測から多くの情報を引き出し検証するには、銀河や活動銀河核の巨大な模擬カタログが必要です。本データはそのための基礎データとして位置づけられ、宇宙の大規模構造と銀河形成の解明に向けた研究に役立てられます。
 本研究の成果は、2021年9月に英國王立天文學會発行のMonthly Notices of the Royal Astronomical Society 誌に掲載されました。

シミュレーションで形成した一番大きい銀河団サイズのハローを中心とする領域のダークマター分布を可視化したムービー。初期密度揺らぎが重力で成長し無數のダークマターハローが形成する様子と (47秒まで)、現在時刻におけるそのハロー周辺の様子 (47秒以降)。(クレジット:石山智明、中山弘敬、國立天文臺4次元デジタル宇宙プロジェクト)

プレスリリース本文はこちら

Uchuu シミュレーションのデータ、畫像は こちら

ツイート
兰心大剧院电影在线观看-兰心大剧院电影百度云资源